gleich zum inhalt springen

総量規制対象外のキャッシングをする際のメリットについて

少額のお金を借りる手段としては、消費者金融のキャッシングが多く利用されていますが、銀行でもキャッシングと同様に少額のお金を借りられる、カードローンのサービスを提供しています。キャッシングもカードローンも個人向けの貸し付けという点では、共通していますが、利用出来る金額の上限に関しての、大きな違いがあります。
消費者金融のキャッシングでは、利用者の年収によって利用可能な額が決定されることになりますが、カードローンを利用しての借り入れの場合、年収による借入可能な額の制限はありません。このような違いが生じる原因となっているのが、総量規制の存在です。総量規制では、消費者金融などの利用者に対して、貸し付け業者が貸し付けを行える上限を、年収の三分の一までとしています。
既に他の業者から、その上限額までお金を借りているような人の場合、新規にキャッシングを申し込むことができない仕組みになっているのです。キャッシングと異なり、カードローンは総量規制の対象外となっています。その理由は、カードローンは銀行法に基ずいて、提供されているサービスだからです。
そのため、カードローンには貸し付け時の上限額を定めた法律はありません。ですので、総量規制対象外となっており、総量規制によってキャッシングでの利用ができないという人でも、総量規制対象外のカードローンならば利用できる可能性があるのです。
貸金業者は貸金業法に基ずいて、企業運営を行っている金融業者です。貸金業者には、総量規制が適用されますので、借り入れを希望する利用者は、既にお金を借りている人は、それの合計を年収の三分の一から差し引いた額が、利用限度額になります。簡単な例ですと、年収300万円の人が50万円の他社からの借入残高を持っている場合は、年収の三分の一の100万円から50万円を差し引いた額が、利用限度額になるのです。
また、総量規制対象外の銀行は、基本的に低利ですので、返済に含まれる利息が少なくなりますので、総支払額を減らせるメリットも出てきます。