Monthly Archive for 2月 2015

総量規制対象外のキャッシングの利便性の高さとメリット

キャッシングは便利ですが、普通は基本的にお金を借りれる額は法律による制限があります。それが総量規制です。2010年6月に改正貸し金業法が完全施行されて総量規制が導入されました。その結果、消費者金融のキャッシングを利用する際に年収の3分の1を超える借り入れは原則的にできなくなりました。でも実はこの総量規制の対象外となるキャッシングもあります。総量規制の対象外のキャッシングを利用すれば多くのメリットがあります。
例えば、専業主婦がお金を借りたいときは総量規制対象外のキャッシングである銀行カードローンを利用するに限ります。なぜなら消費者金融系のキャッシングは基本的に総量規制の適用を受けるので、本人に収入のない専業主婦は消費者金融でお金を借り入れできないのです。でも銀行カードローンなら総量規制対象外なので、専業主婦でも利用することが可能です。夫に安定した収入があれば限度額30万円まで借り入れできます。
このように総量規制の対象外のキャッシングであれば利用者本人の年収の制約を受けずに借り入れできるので、利用者にとって利便性がとても高いといえます。しかも消費者金融でキャッシングする場合と比較して、銀行カードローンは利息がかなり低いので、返済するときの金利負担も軽くて助かります。
他にも総量規制の対象外として利用できるのがおまとめローンです。複数の金融業者に借り入れしていると金利負担だけでも大変です。小額融資の負債を数多く抱えているほど金利負担は膨れ上がっていきます。それで複数の業者の借金を1つにまとめて借り直せば返済が楽になります。おまとめローンを利用する際には高額で利用できることが重要なポイントとなります。総量規制の対象外である銀行のおまとめローンの場合なら、最高限度額1000万円まで利用するとが可能です。もしも年収の3分の1という規制がある場合は、1000万円借り入れするには3000万円以上の収入が必要となってしまい現実的ではなくなります。でも総量規制対象外のキャッシングならばそのような年収の制約は一切受けないので、本当に利用価値が高いのです。


        Older Articles